出会いでいるサクラ募集対処法

出会い系サイトにはサクラがいる、というのはよく聞く話ですね。
けれど、「サクラ」なんて、どうやって雇っているのか、そんなバイト募集はあまり見ない、と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
もちろん「サクラ募集」なんて堂々と書いているサイトもあります。
けれど、中には、さも通常の事務作業のような募集記事を載せるサイトもあるんです。

「簡単なデータ入力の仕事です」などという募集広告はサクラバイトの可能性があります。
だから、全くサクラなんてやるつもりがなかった普通の若者が、応募してしまうのですね。
何も知らずに面接に行って、その場で「実はサクラの仕事なんです」と知らされるのです。
当然、断る人もいるでしょうが、その場の勢いで流されるままサクラになってしまう人もいます。
セフレ募集サクラバイトは大抵高時給だし、服装が自由なので、若者が魅力を感じやすいのです。
髪の色はもちろん、アクセサリー類やヒゲなどもサクラバイトなら気にする必要がありません。
こういう仕事はあまりないので、それならいいか、と、サクラとして登録してしまうんですね。

もちろん、このような「騙し募集広告」はとてもよくないことです。
このようにして、何も悪気などなかった若者を「騙す側」にまわらせてしまうのです。
騙される側の出会い系サイトの利用者にとっては、サクラなど許せない存在でしょう。
どれだけがんばったって、サクラが相手では、出会えることなんてないんです。

けれど、こういうサクラを生み出す出会い系サイト運営者が諸悪の根源なのです。
こういう、普通の仕事を装ってサクラ候補の若者をひっかけていくのです。
騙された若者たちは、自分たちが人をだましているという意識がないまま、仕事としてサクラという道に入って行ってしまうのです。

実際に出会うまでの時間を大切に

SNSサイトで数多くの人とメールをしていても、その中でも気になる人や話題が合う人、会ってみたいと思う人が現れると思うんですよね。

だけど、そう簡単にデートに誘えないって悩んでいる人も多いようです。

サイトだから楽しく話ができて盛り上がってたワケで、これが実際に会ったらゲンメツさせちゃうかもしれないっていう不安もあるわけです。

サイトでのメールのやり取りから、実際に会うまでの時間。この時間って実はとっても重要なんですよ。

いつも通りのサイトでのメールのやり取り。楽しく話も弾んで、近々デートしたいっていう話題になれば、個人のアドレスや電話番号を教えあうでしょう。
お互いの個人情報を教えあう時点で、二人の中ではある程度の信頼関係もできているはずでしょう。ここは焦りは禁物ですよ。長い時間をかけても大丈夫です。ちゃんと段階をふみましょう。

女の子は特に、まだやり取りも数回しかしていないのに、デートしたいって言われたら不安になるだけです。コミュニケーションをしっかり取ることで信頼関係も築けるのです。しっかり信頼関係が築けてから、番号交換をすればいいのですよ。

きっとお互い共通の趣味や盛り上がる話題があると思うので、そこから出会いのきっかけを見つけるのもおすすめです。映画好きなら「一緒に映画を見に行かない?」とかね。頑張ってくださいね。